喋る男   

2010年 01月 18日

e0146504_12424227.jpg妙蓮寺のあとで清明神社に寄り道して、そして祇園あたりで天婦羅ランチ。
カウンターで熱々の天婦羅をゆっくりといただきながら、ついつい隣のカップルの会話に耳が…。
男性(頭のデカい30代)はお医者さんのようで、とにかく自分のことを喋り続けてます。
学生時代のこととか、自分のポリシーだとかを
目の前に置かれる天婦羅に目もくれず、ひたすら喋る。
どうやら「婚活」ってやつ?何だか必死のアピール…。
食材の説明だとかオススメの食べ方など、板さんの話なんて聞いちゃおりません。
板さんにも天婦羅にも失礼だぞ。私なら「アウト〜!」だぞ。
そして我々が最後の水菓子を食べ始めた頃、遂に医者が言っちゃいました。
「ところでさぁ、僕の年収ってどのくらいと思う?」
こんな場所でこんな事を言う男は問題外だけど、他人の話題としては素晴らしい!
もうもう、体の全神経が右耳に集中です。
心無しか息をひそめたりして、会話に聞き入る私…。

e0146504_128733.jpg女性「1500万くらい?(男性の顔色を見て)その倍とか?」
男性「いや、そこまではいかない」
私「(じゃあ幾ら?幾らもらってるの?早く教えて、お医者さん!)」
友人(左側から)「ねぇねぇ、吉田戦車って漫画家の人と再婚したんでしょ?」
私「ん?そうね…(おいおい、一番いいとこなんだから黙っててくれよ)」
女性「じゃあ、税金とか結構払いますよね。」
私「(次の話題?!肝心なところが聞けてないじゃ〜ん!)」
上出来のコントみたいに、絶妙のタイミングでどーでもいい話題をふる友人。
そして思いっきりテキトーに対応してた、吉田戦車好きの私。
店を出て、大笑いしながら生返事の理由を説明したら、友人曰く
「こーいう男は、結婚したら妻に20万しか渡さなかったりするのよ」だそうです。
そーかぁ。「ネネットの服を好きなだけ買っていいよ」とか言ってくれないのかぁ。
やっぱりアウトね。
それ以前に我々が対象外だっつーの!
[PR]

by kikorina | 2010-01-18 12:33 | 日々の某

<< GPS稼動中 喋る女 >>