庶民派   

2010年 07月 13日

 『コロカンタイムス』には、実は英語版もありまして、姉ちゃんが英訳してくれてます。で、英語版の一番のファンはカナダ人の義兄ちゃん。読者が一人でもいてくれれば、それは十分なエネルギー。海の向こうに発信し続けますよ。そしてスタートから5ヶ月目、姉ちゃんからリクエストをいただきました。それは「もっと高級なお店もお願いします。」というものです。確かに、定食だとかうどんだとか、安いお店ばかり紹介してる!そーいうお店ばかり行ってるんだから仕方ないとはいえ、たまには高い料理の写真も見たいんだって。なるほど。そんなメールのやり取りを聞いた義兄ちゃん曰く「いやいや、庶民的な内容だからこそいいんだ」という意見。ふむふむ。で、当の本人といたしましては「そう言えば、お寿司の写真とか載ってないね。寿司、食べたい!」という感じ。もっと真剣に考えなさいって怒られそうね。つか、色々と紹介する以前に、京都のことをもっと知らなくちゃ。いつも同じようなお店ばかり選んでしまって、まだまだ勉強不足でございます。
 そんな私の最新ごはんネタ。富小路通にあるお蕎麦やさんの『尾張屋』で、モーニング蕎麦をいただいてきました。朝9時半〜11時の限定メニューで、せいろそばとかやくご飯のセットです。これで500円!
e0146504_1535560.jpg

[PR]

by kikorina | 2010-07-13 15:04 | ごはん

<< 濁流 カメラのせい…? >>