図録   

2010年 09月 11日

e0146504_194233.jpg

 実家の本棚で『空海と高野山』という図録を発見。高野山には義叔父の墓があって、父親が不定期でお墓参りに行ってるから、恐らく購入者は父親でしょう。しかし、政治関連の本が大半を占める実家の蔵書の中では異色の存在なので、ちょっとビックリです。高野山の国宝や重文が網羅されてて、中でも勢揃いした『八大童子立像』(金剛峯寺・運慶作)を、まさか実家で拝見できるなんて、予想だにしておりませんでした。嬉しい!ありがとう、お父ちゃん!快慶の『四天王立像』の力強さや、祐円の描いた『地蔵菩薩像』の色っぽさなどにも見入ったりしながら、一人で静かに過ごす土曜の夜でございます。(8時になったら『ワンダー×ワンダー』を観なくちゃ。今日は猛禽類!)
[PR]

by kikorina | 2010-09-11 19:34 | 本とか唄とか

<< そうだ京都、帰ろう。 田舎時間 >>