京都の対応   

2011年 03月 15日

先週末から始まった『東山花灯路』が、点灯されないことになりました。
高台寺公園に「祈りの広場」が設置されて、義援金を募るそうです。
京都タワーの夜間点灯もしばらく中止。
日曜日の夜には、例年と同じように開催されてました。
人出は少なかったかもしれないけど。
観光をしてる人がお気楽なわけじゃないし、あれだけの被害を見ているのだから、心は同じ。
元気が出せる場所こそ、頑張らなきゃいけないと思うから、
このまま『花灯路』が続いてても、それはそれでアリだと思います。
これからの桜も愛でればいいし、そして来年の春の桜のために祈ればいい。
でも、中止を決めた判断も尊重します。
色んな意見で動いていても、やっぱり心は同じだからね。
(だけど「天罰」とかいうどこかの知事の心は、私には理解できませんが。)
[PR]

by kikorina | 2011-03-15 12:09 | 日々の某

<< 何者なのか、考える。 みんなのつぶやき >>