何者なのか、考える。   

2011年 03月 15日

以下、毎日新聞より。
 東京都の石原慎太郎知事は14日、東日本大震災に関連し「我欲に縛られ政治もポピュリズムでやっている。それが一気に押し流されて、この津波をうまく利用してだね、我欲を一回洗い落とす必要がある。積年たまった日本人の心のあかをね。これはやっぱり天罰だと思う。被災者の方々、かわいそうですよ」と発言した。蓮舫節電啓発担当相から節電への協力要請を東京都内で受けた後、記者団に語った。多くの犠牲者が出ている災害を「天罰」と表現したことが、被災者や国民の神経を逆なでするのは確実だ。
 石原氏は「天罰」発言の前段として「去年一番ショックだったのは、おじいさんが30年前に死んだのを隠して年金詐取する、こんな国民は世界中に日本人しかいない。日本人のアイデンティティーは我欲になっちゃった」と述べていた。また「残念ながら無能な内閣ができるとこういうことが起きる。(95年の阪神大震災の際の)村山内閣もそうだった」とも語った。
 ◇石原氏「受け止め方の問題」
 「天罰」発言について石原氏は、14日夕に都庁で行った記者会見で「『被災された方には非常に耳障りな言葉に聞こえるかも』と(前置きで)言ったんじゃないですか」などと釈明したが、実際には発言していない。
 発言の真意については「日本に対する天罰ですよ。これをどう受け止めるかという受け止め方の問題なんですよ。大きな反省の一つのよすがになるんじゃないですか」と持論を展開。「それをしなかったら犠牲者たちは浮かばれないと思いますよ」と述べ、撤回しない考えを示した。
 ◇明けて15日、謝罪
 東京都の石原慎太郎知事は15日午後、記者会見し、東日本大震災を14日に「天罰」と表現したことに対し、「発言を撤回し、深くおわびいたします」と謝罪した。

ま、撤回しても意味ないことは、本人が一番分かってそう。失言こそ本音だから。
しかし、前置きがあろうがなかろうが、いや、あったとしての「天罰」発言だとしたらなおさら、
これは啓示のつもりですよ。
確実に「自分が神」だよね。
「内閣がだらしないから、今がチャンスと思って阪神と東北に地震を起こしました」って。
「東京の被害が少なかったのは当然。なぜなら私が神だから。」でしょ。
酒の席だったらギリギリ許されそうなことをカメラの前で言うなんて、ヤツは本気ですよ。
気をつけなくちゃ。
[PR]

by kikorina | 2011-03-15 15:34 | 日々の某

<< 安否確認 京都の対応 >>