カテゴリ:京都見所案内( 15 )   

Tengu?   

2010年 10月 27日

e0146504_22215079.jpg

 夕方、ゲストさんから質問の電話をもらい、それらを解決するためにお宿へ。ついでにビールなどをご馳走になっちゃいました。今日は松尾神社辺りを歩いたらしく、「お札に住所と名前を書くように言われたんだけど、なんで?」などなど、色々と聞かれてモー大変。「日本の将軍で一番好きなのは誰?」って聞かれてもねぇ。(私よりも日本の歴史に詳しくて、お恥ずかしい…。)温泉の場所も尋ねられたので「だったら鞍馬かな。鞍馬寺はパワースポットで、そして天狗がおりますよ」なーんて答えちゃったもんだから「天狗って何だ?」って話になり、さっぱり説明出来ませんでした。天狗って、何??10 GOOD?それはテングちゃんだよ。
 そんな好奇心旺盛なゲストさんから金曜日にディナーに誘われまして、現在進行中の超個人的お仕事のアドバイスもしてくれるってことなので、明日は一日、英語を勉強します!そして天狗を英語で説明できる女になります!
[PR]

by kikorina | 2010-10-27 22:34 | 京都見所案内

時代祭へ。   

2010年 10月 22日

e0146504_20431499.jpg

 初めての時代祭。張り切って有料観覧席(2,000円)をゲットしたのですが、はっきし言って失敗でした。てっきり雛壇だと思ってたのに…。前から三列目、見えるのは前列の後頭部ばかり。しかし立つことも出来ず、後ろで立っても全容は見えず。最前列以外は価値ナシです。来年こそは!
 あ、でも。オールカラーのパンフレットがもらえて嬉しかったんだ。英語の解説もついてて、行列の構成メンバーが全員イラストで描かれてて、これは大満足!あと、行列の説明アナウンスが聞けて、色々と勉強になりました。時代モノが通過し終わるとゾロゾロと帰る人も多かったんだけど、実はメインは最後の「神幸列」で、御神霊が通過する時には拝礼するようにとのこと。そうよね、派手なパレードだけど神事だもんね。
 そしてそして。開始早々に「○○の△△氏(どこぞの組織の偉いさん)が、馬に乗って参加されています!」と華々しくアナウンスされて、お爺ちゃんが馬に揺られて登場したのですが、なんとなんと、揺られ過ぎて馬から落ちちゃった!!馬が暴れたというよりも、お爺ちゃんのバランス感覚が原因かも。他の人達と同様に馬車にしとけば良かったのに、お馬さんに乗りたかったのかなぁ。お大事に。
[PR]

by kikorina | 2010-10-22 21:10 | 京都見所案内

交通安全   

2010年 09月 27日

e0146504_14155879.jpg

 今日は9月の第4月曜日、京都の『安井金比羅宮』を拠点に「櫛まつり」が開催されました。自宅から近いことだし、時代風俗行列をちょいと見学してきました。もちろん一眼レフ持参ですよ。古墳時代から現代の舞妓ちゃんまで、その時代のファッションを装い、ヘアスタイルは全員が地毛!過去の写真を見る限りでは、今ひとつ華やかさに欠けてる気がしてたんだけど、実際はなかなか見応えのあるイベントでした。ただ…私の撮影した場所が良くなかった。スタート地点の参道でひたすらシャッターを押したのですが、PCでチェックしてみると背景は隣のマンションと駐車場で、衣装とのミスマッチ感がハンパねぇです。更に、交通安全の黄色いタスキをかけてて、これまた折角の衣装が台無し〜。途中で外してたけど、隣の派出所の指図?警察権力?とにかく、今日の写真は「こんなんじゃ使い物にならねぇよ!」って感じで、チンチロリンのカックンです。雰囲気のいい写真を撮りたいあなたも私も、来年は『花見小路』がオススメですよ。
[PR]

by kikorina | 2010-09-27 14:36 | 京都見所案内

成田屋っ!   

2010年 09月 07日

e0146504_9561415.jpg

 昨日、遂に『九月大歌舞伎』を鑑賞してきました!本日カナダに帰国する姉ちゃんと甥っ子を誘ってね。私の英語力とほぼ同じレベルの日本語力を持つ甥っ子は、前半だけでチョー退屈してしまって、しかも大きい体に南座の椅子が合わず、先に帰宅しちゃいました。19歳の遊び盛りに、歌舞伎は早すぎたかな。しかし、私と姉ちゃんは満喫しましたよ〜。特に姉ちゃん。NHKの『仕事の流儀』で海老蔵の回を観てファンになったらしく、中でもロンドン公演での『狐忠信』に大感激だったとか。その後で私からの歌舞伎のお誘い、更に演目に『狐忠信』が入っているという偶然に、喜びと驚きが最高潮に達してたみたい。ふふふ。そんな姉ちゃんが惚れ込んだ海老蔵の狐は、確かに素晴らしかった〜♪全くもって凄い役者です、海老蔵。静御前の玉三郎も増々美しく、もうもう夢のような5時間でした。あ、新妻の麻央ちゃんも見たよん♥入り口あたりで、梨園の奥様業を頑張ってました。
 さて、歌舞伎熱に浮かれて帰宅してから、早速動画を検索中。伝統芸を満喫すべきなのですが、ついつい『俳優祭』で大笑いしております。これらをアイポに保存したら、今夜から実家に帰省っす!…という段取りのハズが、macが動画変換ソフトをことごとく嫌って、mp4ファイルが作成出来ません。HDをチェックしたいけど、DVDを何処に保管したか分からないという情けなさ。もういいっ。帰るっ!
[PR]

by kikorina | 2010-09-07 11:06 | 京都見所案内

地蔵盆   

2010年 08月 20日

e0146504_9373149.jpg

 町内会の回覧板で、地蔵盆のお知らせ。お地蔵さんを囲んで、その町内の子供達の健康と安全を願うという行事で、今年は22日だそうです。京都では住宅の入居募集には「お手数でも地蔵盆には参加してください」的な文言が添えられるほど、大切な催し物のようですが、私は未経験。だってぇ、ご近所さんとの懇談とかいわれてもぉ、話すことないしぃ。この時期、おもてでご近所さんに会うと「地蔵盆、来はる?」って聞かれることしばしばですが、体育委員を頑張るから、他の行事は勘弁してほしいというのが本音です。が!今年は「行ってみよっかな〜」って、ちょっぴり前向き。なぜならば、近所の「予約が取れないイタメシ屋」から、パスタとリゾットとデザートの差し入れがあるんだって。魅力的〜!だけど、5年目にして初参加の魂胆がバレバレよね。ま、そういうキャラだから問題ないけども。
[PR]

by kikorina | 2010-08-20 09:49 | 京都見所案内

黄昏放談   

2010年 07月 30日

e0146504_14414119.jpg

 8月6日に『京都ロフト』が移転してリニューアルオープン。それに合わせて、南伸坊と糸井重里の対談があるそうです。『黄昏』ファンとしてはお二人の会話を是非とも聞いてみたいわけです。ブイちゃんの缶バッジも買いたいし。何より、生の伸坊さんが見たーい!
[PR]

by kikorina | 2010-07-30 14:48 | 京都見所案内

解説員   

2010年 07月 23日

e0146504_8134257.jpg

 バスの車内広告などで見かけて気になっている『ボストン美術館展』を、桂南光師匠が鑑賞している様子が昨日の『ちちんぷいぷい』で放映されました。アナウンサーに向けて、独自の解説を繰り広げるという人気の企画なのですが、南光さんの着眼点が毎回面白いのです。例えばミレーの「馬鈴薯植え」について。この二人が夫婦であることは、木の陰のロバの足下で赤ちゃんが眠っていることから想像できるのですが、奥さんの馬鈴薯の植え方が「ぞんざいだ」と言うのです。そこで師匠は「奥さんは朝から何故か機嫌が悪い。女の人にはよくあることだけど、旦那には理由が分からない。聞くに聞けない雰囲気で黙々と馬鈴薯を植えるんだけど、共同作業をしていると無言でも気持ちが通じていくもの。だから夫婦は共同作業をしましょう。」とまとめてました。ミレーの風景画も、レンブラントの肖像画も、師匠の解説で生き生きと見えてくるのよねぇ。さすが、人間描写の巧みな落語家さんです。師匠と一緒に美術館巡り、レギュラー番組になればいいのに〜!あ、ボストン美術館展は京都市美術館にて8月29日まで開催中ですよ。
[PR]

by kikorina | 2010-07-23 08:32 | 京都見所案内

言い訳   

2010年 07月 17日

 結局二度寝してもうた…。だって夜中に足が吊って2回も目が覚めたしぃ、昨日は夜9時半まで神楽でコーフンしたしぃ、キコリィヌの散歩も3日振りだったしぃ。なんだかんだで疲れてたのよね〜。ちなみに今日の見物客は20万人だったそうです。みんな、頑張っとるなぁ。
e0146504_17114532.jpg

 あ、神楽の話ですが。毎年、宵山の夜に八坂神社で奉納されてて、今年で38回目。そして舞うのは島根の社中なんです。あの辺りは「石見神楽」が有名ですから。私の父親も地元で活動してるので、幼い頃から神楽は大好きっ。秋祭りの日に、公会堂とか神社で深夜まで続く神楽。お菓子と毛布を持参して、鬼に怯えながら見るのがお約束です。その気持ちは今でも同じで、4年前にわくわくして出掛けたのですが、人が多すぎて堪能出来ませんでした。そんな教訓を生かして、今年は『京都島根県人会』に入会しちゃった♪おかげで舞台下手の関係者席をゲット。年会費3,000円で神楽がゆっくり見れるんだったら、お安いもんです。厄除けの粽ももらったしね。約2時間半の舞台、たっぷり楽しませていただきました。るんっ!
 写真は、八坂神社の御祭神・スサノヲノミコトが八岐大蛇を退治する神話の舞い。まだまだ一眼レフに不慣れなため、ろくな写真が撮れてなーい!来年の祇園祭までには、カメラの腕を上げたいもんです。
[PR]

by kikorina | 2010-07-17 17:44 | 京都見所案内

本日は晴天なり   

2010年 07月 17日

e0146504_8522420.jpg

 8時前に起床。『げげげの女房』を観て、今はボーッとしている時間帯です。もうすぐ、長刀鉾のお稚児さんのしめ縄切りで山鉾巡行が始まります。今から準備すれば、御池通で見学できるんだけど、バスが通行止めになってたりするし、どうやって行けばいいの?到着してもいい場所で見れないかも。いい天気だから暑いだろうなぁ。などと色々考えつつ、引き続きボーッとしております。この調子だと、出掛けない確率80%。来年までお預け…?
[PR]

by kikorina | 2010-07-17 09:04 | 京都見所案内

カメラのせい…?   

2010年 07月 12日

e0146504_15402883.jpg

 春に一眼レフのカメラを買った私は「色んな行事を撮りまくる!」を目標に頑張っております。先週の土曜日は、祇園祭の『お迎え提灯』を観に行ってきました。何の前知識もない私は、一般市民が提灯を持って歩くぐらいのレベルだと勝手に思ってまして、夜には知人に会う予定もあったし、今回の撮影はデジカメでよかろうと。なのになのに、予想外のメンバーが沢山いらっしゃるではないですかっ!提灯の大きさもデカいし派手だし、コンチキチンのお囃子隊やら、色んな装束の踊り子ちゃんやら、お馬さんまで!それでもひたすらシャッターを押し続けましたが、西日も眩しくて、あまりいい写真が撮れなかったのよねぇ…。一眼レフを持ち歩くなんて、大した労力でもないのにさ。頑張ってないぞ、ワシ。
 それでもね、とりあえず『コロカンタイムス』の方に画像をアップしましたので、観てくださいのココロ。
[PR]

by kikorina | 2010-07-12 16:02 | 京都見所案内